後知恵バイアスと、知識の呪い

心理学

後知恵バイアスは自分や過去の自分が誰かの過去の意思決定を振り返ったときにしばしば起こる現象
過去の意思決定に関してその結果が出る前に当時の不確かな状況が自分にどう見えたかを正確に思い出したり再構築したいすることに私たちは苦手な部分がある

実験の1つでは実験参加者は1つのグループに分けられ1814年のイギリスとくる日間の戦争に関する記事を読むように求められた1つのグループにはその戦争がどういう結末を迎えとか知らされなかった残りの4つのグループには次のようなそれぞれ異なる結末が実際の結末であると言うことで伝えられた
①イギリス軍の勝利
②グルカゴンの処理③戦闘は平和的に解決される事はなかった
④戦闘が平和的に解決された
当然ながら直結結1つしかない戦争の日戦争はイギリスの修理終わったのでせいか①である実験参加者はもし告げられた血圧知らなかった昔のような結末になった確率を主観的にいくら見積もったと思うか尋ねられた
結果は参加者たとえ結末を知らな1人の自分が伝えられなかったような結末になる確率が最も高いと見積もっただろうと信じる傾向があった
この実験やその他の時に渡事例から過去の出来事の結果についての知識を得るとたとえその結果をしなかったさん自分はそういう結果になることが予見できただろうと言う信念が高まることが明らかになった。

後知恵バイアスにはアンカー効果や、自信過剰引き起こすのと同じプロセスが働いている。

=============================================

ある出来事の結果については知識があるとそのような結果になる確率を当時いくらと判断したと説明しようとした時にテンプレがアンカーとして作用するのである。

<原理>
人間は情報検索をする時にお手伝い情報に無意識に選択的にアクセスするために、
アンカーからの調整は不十分に終わる。
その結果将来の予測をした時点で自分が何を知ったか思い出す時に後知恵が、記憶を歪めてしまうのである。
それに過去の出来事に関するデータにわざわざのものがあり実際に来て結果を手術する度合いも千差万別であるが10月に起こった結果と合致する証拠が結構中で目立ちやすいので、
参照もされやすい傾向があるため。
人間の子のような性格によって改行自分をこのように予測したという単なる主張が
れっきとした事実によって正当化されるのである
そして最終的にそれぞれのデータの妥当性は事後的に判断されるが、その時は観察された結果を代表している度合いが高いけど重要な情報であったとみなされる

なんでこいつあと知恵バイアスが人間詰まってるかいう話だと例えば油をずっと強火で寝し続けたら日が出て火事になるということを人間は知っていてその予測があるからこそ人を守ることができるまたそういった未来の予測がつくから、今の判断が合理的かどうかが判断できる。
能力のお陰で助け合いが可能になった過去が多くあるために、後知恵バイアスというのが往々にして起こる。

=============================================

一般に人間の能力は誰にその人の意思決定はどういう結果をもたらしたかではなく
その人はどういうプロセスと論理を用いて意思決定したかによって判断されなければならない
それはなぜかと言うと意思決定の結果には1位決定者が直接にコントロールできること以外にも様々の用意が改善しているからである
意思決定者を用いた料理を評価する際にあと知恵バイアスの影響を受けると適切な評価が出来なくなってしまう

=============================================

知識の呪いとはある出来事に関する他人の知識を見積もるときにその人たちは持ち合わせていないけれども自分は持っているという類の知識を使わずに
済ますことができないことを指す ある物事について他の人はどれだけ知っているかを想像する時に
その物事について自分には利用可能な知識あるのにそれを使わないことは難しい
知識が豊富であることが隔たりのない見積もりをしないようとする時にに妨げになるのである

この呪いは教師が生徒のレベルに合わせて授業するときの難しさ、製品設計者が平均的な消費者がハイテク商品を使いこなす能力を過大に評価してしまいがちであることを証明してくれる。
これらの原因はマーケティングの専門家やある一部分の専門家に関しては、 素人の一般消費者が製品について自分と同じくらい深く理解しているものだと見なしてしまう傾向があるから。

<余談だが>
ブランドスイッチ戦略を考えるときに、
ブランドはこの「知識の呪い」にかかっていることが往々にしてある。
それがブランドの知名度が高ければ高いほどある。
なぜなら、「これくらい知られている」という先入観である。
あと、うちのブランドを購入してくれる人は、「美意識が高いから、こういう情報は最低限知っている」という思い込みが発生する。
これが、知識の呪いにもつながっくる。

=============================================

例えば自分が道を案内する時に自分の頭の中にはこのカードを貰ってこようか動画でこの角を曲がって郵便局があってそこをまっすぐ行ったら駅に着きますって言うと勝手なものすごくで的なイメージがあります
でも利き手側に関してはまず具体的なイメージが共有されていないので実際にどこを曲がるのかかるって聞くだけなのでどこにいる要素があるかっていうのがまずその説明では具体的にイメージできません
深津小の郵便局をまっすぐ行って左曲がって駅までというこの長いルートに対して悪いイメージを持ってるかと言うとそうでもない
でも話している人間からすると自分のめちゃくちゃ降りたイメージをめちゃくちゃに伝えているという自信過剰の戦力が発生してめっちゃくちゃいい説明できたって思ってしまう
めちゃくちゃ多いんじゃないかなって思う
例えば商品ページを取ったとしてもこの商品はこんなにいいんだよって
売り手側がどんなに言っても、買い手側がこんないい商品なのか!って同じように思うかどうかと似ている。

あとこれも重要
人が曖昧なメッセージを受け取ったとしてもきちんと理解できると思っているという信念を私達抱いているためである。

例えば上司がいつもいじってる部下に向かって本当に今回は頑張ったねと思っていて、
ありがとうと言ったとしても、上司の表情によっては「この程度しかできないけど、とりあえずありがとうね」のように捉えられてしまう場合もあります。
受け取る側が自分で判断してしまうことになりかねないため、感謝の気持ちはしっかり理由と気持ちを伝える言葉を「ありがとう」に付け加えることがとても重要。

確証バイアスに関するその他の記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました