シャルパンティエ効果

心理学

①シャルパンティエ効果とは
シャルパンティエ効果とは、身近なものやイメージしやすいものに例えられると、そのイメージによる錯覚を招く心理効果のことをいいます。

シャルパンティエ効果は、1891年にフランスの医師・オーグスチン・シャルパンティエが著書『Size‒weight illusion(大きさ – 重さの錯覚)』で発表されたもので、
実験で、同じ重さの10cmのボールと4cmのボールの2種類を用意して持ち上げさせたところ、「小さいボールのほうが重い」と感じたという内容のものです。

小学生のときに、綿100gと、金属の重り100gを手にとって、どっちが重く感じるか実験した記憶が今でも鮮明に覚えています。
(知覚コントラスト・知覚のコントラストの例でもある)

上記の例は、あくまでも”大きさ”という視覚情報から、重さの錯覚をしてしまう例でしたが、
シャルパンティエ効果は、視覚情報以外にも、言葉による連想でも、同様の錯覚が起きると言われています。

例えば、ビタミンC200mg配合と言われるより、レモン10個分のビタミンCと言われるほうが、
より身近で、想像しやすく、想像しやすいがゆえにより多くのビタミンCが含まれていると、つい思ってしまうと思います。

これが言葉によるシャルパンティエ効果の例です。

今回の記事では、シャルパンティア効果について、ビジネスにおける活用例などをまとめています。

=============================================

シャルパンティエ効果とは、身近なイメージを使って例えられると心理的錯覚を起こす効果のことです。
もし目の前に3kgの石と3kgの綿があった場合、どちらが重いと感じるでしょうか。
冷静になって考えると、どちらも同じ重さであることは明らかです。しかし、パッと目にした時の印象は、3kgの石のほうが重く感じるのではないでしょうか。
「石」と「綿」は、どちらとも多くの人が知っているものであり、見た目や重さをイメージしやすいものです。
その2つを比較対象として「どちらが重いか」と尋ねた場合、多くの人はより重いイメージを持つ「石」に引っ張られてしまいます。その結果、同じ重さにもかかわらず「石のほうが重い」とイメージしてしまうのです。
シャルパンティエ効果は、ビジネスにおいて商品やサービスの宣伝をする際に役立ちます。
例えば、「1日に必要なビタミン類の半分を補完できるサプリメントです」のように、アピールしたい要素を身近なものに例えると、多くのユーザーに商品やサービスの良さを伝えられるでしょう。

=============================================

②シャルパンティエ効果の具体例

シャルパンティエ効果といえる具体例をいくつかまとめてみました!
意外とこんなものそうなのか、という新しい発見もあるかと思います。
ぜひ参考にしてみてください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<金額を安く見せるために、月単位・日単位など最小単位に変換する例>

■年間費用を、月額の金額に変換する
例)月々たったの3,000円!

■費用や価格を、1日あたりの金額に変換
例)電気代たったの1日3円!
例)グルコサミンが1日10円から試せる!

■価格を、1本あたりに変換する
例)最安値挑戦中!1本あたり約20円!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<イメージしやすいもので、納得感あるものに変換する例>

■わかりづらい量・大きさを、イメージしやすいものに変換
例)しじみ70個分のチカラ(のオルニチン25mg配合)
例)トマト10個分(のリコピン30mg配合)

■言葉では表現しづらいものを、イメージしやすいものに変換
例)全く未経験でPCを扱ったことがない主婦の方でも簡単にできる、絶対に稼げる副業

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<before・afterや、比較によって、イメージしやすいものに変換する例>

■before・afterで、違いを分かりやすくする例
ダイエットとか、美顔器とかがこれを多用していますね

■従来品や他社と比べて、どう性能が良いかを分かりやすくする例
例)従来品に比べて、耐久性3倍UP
例)他社の同価格帯の商品にくらべて、吸引力2.4倍!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<シャルパンティエ効果をつかった、お得に見せる例>

問題)どちらがお得に見えますか?
A:全品40%OFF!更にレジにて25%OFF
B:全品55%OFF!

→圧倒的に、Aが安く見えますよね!なぜなら、65%OFFになるんだから!

こう思った方、騙されていますよ!

実際は、どちらも55%OFFです!

<確かめて見ましょう>
商品の価格は10,000円とします。

Aの場合:
①10,000円の40%OFF=6,000円
②6,000円の25%OFF=4,500円

Bの場合:
①10,000円の55%OFF=4,500円

このカラクリを理解していないと、ついつい騙されちゃいますよね!
これも、シャルパンティエ効果を使った、お得に見せるテクニックです。

=============================================

③シャルパンティエ効果に似た、錯覚について

シャルパンティエ効果とは別ですが、
同じような錯覚の話で、引っ越し屋のダンボールについて、触れておきます。

引越し屋さんのダンボールも以前は茶色の一般的なダンボールが使われていました。
しかし、お気づきの方がいらっしゃるかもしれないが、ある時期から多くの引越し屋さんの使用するダンボールが白い色に切り替わったのです。

実はこれ、人が視覚的に受け取る、重さの印象が関係しています。
なんと、色でも人は重さを錯覚することが、実験データからも立証されています。

実験によれば、茶色のダンボールと、白いダンボールでは、実際に人が持ったときの重さの印象は『茶色のダンボールは、白ダンボールよりも1.2倍~1.3倍程度重い』という結果になったのです。

1日何百個とダンボールを運ぶ引っ越し屋さんですが、
白いダンボールにするだけで、スタッフの仕事の効率も、心理的疲労もかなり軽減されているようです。

人間は、色によっても受け取る情報が大きく変わる面白い事例ですよね!

=============================================

④まとめ

シャルパンティエ効果がどんなものか理解していくと、
マーケティングにおいて、改善できる内容がまだまだあるんじゃないか、非常にワクワクしますよね!

ちょっとした工夫で、印象を大きく変えることができるこのシャルパンティエ効果。
一貫性の法則や、確証バイアスと組み合わせて活用することで、大きな効果が出る可能性は高く、著者の私も記事をまとめ直していて、
新しい発見が非常に多かったです。

シャルパンティエ効果に関しても、悪用すればたしかに売上に貢献できるかと思いますが、
どんな心理テクニックも同様ですが、悪用したことが消費者であるお客様にバレてしまえば、信用問題につながりますし
そもそもビジネスが大きくなるチャンスを逆に逃す可能性もあるため、ぜひやめてくださいね!

ただし、シャルパンティエ効果を正しく活用することで、
お客様も心から魅力がある商品・サービスだと認識しやすくなります!

ぜひ、本記事を参考にしていただき、ご活用いただけたらと思います!

確証バイアスに関するその他の記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました