単純接触効果(ザイオンス効果)の解説と実用例

単純接触効果(ザイオンス効果)

単純接触効果とは

ある特定の対象に対して、接触回数が多ければ多いほど、”親しみ”を感じ、その対象に対して、好意的な印象が形成される心理学の現象のこと。
1968年にアメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが行った研究がよく知られており、単純接触効果は別名「ザイオンス効果」と言われます。
彼は当初、言語とその接触頻度について研究し、その後単純接触効果が、言語以外にも人物・モノ・文字などにも生じると結論付けています。

私たちの生活の中にも、単純接触効果を狙った広告や、恋愛などにも、広く応用されているもので
代表例で言えば、テレビCMが一番理解できると思います。

単純接触効果は、その名の通りの心理学の減少のため、
意外と細かく説明している記事がなかったり、
ビジネスでどう応用するのかを、解説している本や記事がなかなかないので、
今回の記事で、少しでもなにかのヒントになってくれればと思います。

単純接触効果が生まれる理由・原理

単純接触効果が発生する理由(原理)としては
「特定の刺激に繰り返しさらされることで、その刺激に対する態度に変化が生じる」という原理で、
何度も見たり聞いたりすると、初めのうちは興味がなくても親しみを感じるようになり、徐々に良い感情を持つようになると言われています。
少し学術的な言い方で表現すると、
『接触した初期は情報処理に労力を要するが、刺激に慣れてくると情報処理は円滑になり、接触頻度が増えるたびに肯定的に認識するようになる』とされていて、
人やモノ、商品やブランド、広告やCM、味や香りなど、すべての物事に対して起こる心理現象と言えます。

単純接触効果の逆効果、という落とし穴

単純接触効果は、正しく活用しないと、逆効果にもなり得ることを、ここでは強調しておきます。

単純接触効果ね、はいはいって思っていた私も、再度学びなおした際の新しい発見だったので
ぜひ、単純接触効果についての理解を深めていただければ思います。

通常の単純接触効果は、人・物・情報などを見聞きする回数が多ければ多いほど対象に対する好感度や好意が上がる心理現象です。
しかし、対象物に対して、最初から嫌悪感を持っている状態の場合の状態で、何度も何度も見聞きするなどの接触が多くなったとしても、
印象は悪くなる一方で、さらに嫌悪感や煩わしさが強まります。
これが、単純接触効果の逆効果です。

例えば恋愛であれば、
好きな人に対して何度も何度も接触したとしても、
相手が自分に対して嫌悪感を頂いている場合は、単純接触効果による発展は見込めず、反対に逆効果になり、敬遠されたりする場合もあります。

同様に、ビジネスやマーケティングでも同じことが言えて、
一度でもうざい広告だなー、とか、この営業マンうざいなー、と思われてしまった後に
単純接触効果を狙って、永遠の広告出し続けても絶対に印象が良くなることはないです。
むしろ、何度も何度も広告が出てきて、イライラした経験も皆さんあると思います。
営業マンでも同じです。嫌だなーって思ってしまったら、もう会いたくないですよね?
それなのに、何度も電話かかってきたり、訪問されても、単純接触効果は全く見込めないのです。

ここでリンクする心理学としては、一貫性の法則があり
一度でも”嫌だな”と思ってしまったら、その感情を保とうとしてしまうのです。

単純接触効果の具体例

単純接触効果による、態度変容の具体例としては以下のようなものが挙げられます。

単純接触効果による、態度変容の具体例
1.テレビCMで知ったサービスが、電車の中吊り広告でも掲載されていて、たまたま知人がそのサービスを利用していて、自分もそのサービスを利用した
例)ライザップとか、保険のCMなど

2.初めて見るお笑い芸人で、とくに面白いとか面白くないとか思っていなかったが、他の番組にもたまに見るようになって、アメトーーーークに出てて、面白いなって思ってから、その芸人のことを好きになった
例)ダイアンとか、ニューヨークとか笑

3.年末に、全然宝くじなんて買おうとしていないのに、駅前で宝くじの売り子がメガホンで「買えば3億円のチャンスがある!でも買わないと絶対に当たらないです」的なことを大声で言ってて、職場の近くの宝くじ屋さんに行列が出来ていて、家の近くで宝くじ屋を見て、ついつい買ってしまった。

4.10年前から10キロ以上太っているのに、まだ痩せなくてもギリギリいけるって自分に言い聞かせること(毎日自分の顔を見ているから、昔より全然いけていないのに、今の自分でも、まあこれでも大丈夫かって安心してしまう)

こういう例を書き出していくと、
自分の意思決定が、 単純接触効果の影響を受けていることが多いと、改めて気付かされます。
特に、2、3に関しては、みんな経験あると思います。
ちょっと前に流行ったアイドルグループ”NIZIU”なんて最たるもので、どのメディアでも取り扱われ、社会現象にもなりましたよね。
これも、単純接触効果の影響が大いに関係しています。
嫌悪感を感じさせないまま、単純接触効果を実現できると、かなりの可能性で、ビジネスや恋愛などが成功するはずです。

ビジネスで使える単純接触効果

ここでは、ビジネスシーンで活用できそうな単純接触効果がどんなものなのかを、例をあげながら説明していきます。
繰り返しになりますが、単純接触効果が見込める状況は、相手が”嫌悪感”を持っていないときだけです。
下記は、大前提として”嫌悪感”をもっていない状態での、単純接触効果の活用例をまとめています。

単純接触効果の活用例
✓営業の受注の可能性を上げるために、メールや電話の回数を増やす
✓会社での自分の評価を上げるために、同僚向けに勉強会やアドバイスなどを意図的に増やして、社員の日報や社内の会話の中に、自分の名前がよく出てくるようにする
✓メルマガやSNSなど、ターゲットが使用するメディアでの露出頻度をあげる

ある実験データによると、
単純接触効果は、接触回数10回を超えると、それ以上の効果が見込めない、という結論も存在します。

たしかに、自分に置き換えても、
ものすごく接触回数が多いからと言って、好印象を持つわけではないですよね。

ただ、マクドナルドがあれだけCMを流してても、嫌悪感にはつながらないし、むしろそのCMのせいで、
ついついマック食べちゃった、などの経験はみんなあると思います。
マックのCMだけで考えると、私たちの生活の中で、常に”食”に対する選択肢が複数あるため、
マックのCMによって、食に選択肢がマックになる可能性を上げていると言ってもいいかもしれません。

ECサイト・通販で使える単純接触効果

それでは、著者が過去実践してきた、ECサイト・通販で使える単純接触効果について触れていきたいと思います。
あくまでも著者の私が、過去100サイトを超えるECサイトで実践した事例で、かつ100%結果が出る事例のため、
どのECサイトにも応用ができます。

商品ページでの”単純接触効果”を活用した事例
実施内容:商品ページで、レビュー件数・レビュー点数を3箇所に記載して、満足度が高いことを訴求
結果:CVR+50%

なぜ、3箇所に設置するかを解説していくと、以下のとおりです。

3箇所に設置する理由はこれ!
①商品ページが長いため、情報量が多く、情報を整理できない
②レビュー件数や満足度が高ければ、商品に好印象を持ちやすい
③好印象を持ちやすい項目=レビュー件数・点数を3箇所に入れることで、より好印象を持ちやすい
④そもそも、1箇所のみに記載があるだけで、消費者が100%認識してくれるわけではない

1番大事なことは、特に④だと思います。
1箇所の記載で、伝えた気でいると、商品は絶対に売れません。
ましては好印象を持ってくれる要素を、1箇所にしか掲載しないなんて、商売としては非常にもったいないです。
これも、単純接触効果を正しく理解していけば、必要な施策だと判断できると思います。


メルマガでの”単純接触効果”を活用した事例
実施内容:ステップメールや通常のメルマガで、商品のコンセプトや特徴、会社の想いを常に掲載
結果:リピート率+20%

なぜ、常に『商品のコンセプトや特徴、会社の想い』掲載するか、は以下のとおりです。

“常に”掲載する理由はこれ!
①消費者は商品特徴やコンセプトなんて、覚えていない
②メールも基本見ない人は見ない(メルマガの開封率は平均で30%程度のため、見ない人のほうが圧倒的に多い)
③どのメールでも、『商品のコンセプトや特徴、会社の想い』掲載することで、自分がなぜ買ったのかを再認識してもらう
④どのメールでも、『商品のコンセプトや特徴、会社の想い』掲載することで、覚えてもらう(ファン化)

この事例は、ものすごく重要でかつ誰でも真似ができる内容ですが、
実施している会社は本当に少ないです。
競合会社がやっていないから、自分の会社も実施しない、という判断をしているなら本当にもったいないです。
たったこれだけの内容で、ファンは増えるのに、事例がないからやらないって会社が多い気もしています。
このような事例がなぜないのか?
単純に、消費者心理を理解していない事業者が多いことと、必要性を理解していないからだと言えます。
実施を検討する前に、まずはやってみたほうが、絶対に良い結果につながると信じています。

恋愛で使える単純接触効果

恋愛でも単純接触効果は有効です。
ただし、ここでも抑えておかないといけないポイントは、『嫌悪感がない状態』という前提条件です。
嫌悪感がすでにある場合は、一度恋愛の戦略を立て直しましょう。
独りよがりの恋愛は、絶対に失敗します。

それでは、恋愛に使える単純接触効果について解説していきます。

ここまで読んでいただいている方なら、なんとなく理解していただいていると思いますが、
実用例を以下にまとめています。

恋愛に使える単純接触効果の実用例
①メールや電話の回数を増やす(ただ単に増やしても効果ないです)
②メールの内容で、質問を増やす(相手に関心があることをアピール)
③メールや電話では、相手の名前を何度も言う(名前を呼ばれることで親近感が湧きます)
④会う回数を増やす(時間より回数。強引に会おうとするのはNG)
⑤かわいいや好きは、チャラいって言われたとしても、信念貫いて言い続ける(言い続けることが重要)

あくまでも、単純接触効果が見込める実用例ですが、
恋愛において一番重要なことは、”どれだけ相手の気持ちが理解できているか?”に尽きると思います。
これはやりすぎ、ここまで大丈夫、など、しっかりと相手の気持ちに寄り添いながら、単純接触効果を活用していただきたいです。

まとめ

すごく昔に、所さんの目がテン!で、
商店街において、チョコせんべいのお店を何箇所設置したら、一番売上につながるかを実験した内容がありました。
ものすごく興味深い内容だったため、今でも鮮明に覚えています。

実験結果は明白で、
通行人3000人対して、
お店を1か所で販売したときの売上個数は18個
お店を3か所で販売したときの売上個数は、なんと107個!

これすごくないですか?笑

これも一種の単純接触効果と言えます。

単純接触効果と聞いて、名前から原理やどういう現象かをイメージ出来てしまうために、
わかった気でいた方は本当に多いと思います。
著者の私も、今回の記事をまとめていろいろな発見と気付きがありました。

そして、単純接触効果を掘り下げた記事や情報が、意外とないことにも驚きがありました。

この記事で、単純接触効果への考え方・捉え方は少しでも変われば、大変嬉しいです。
ぜひ、質問あれば、コメント残してもらえると嬉しいです^^

単純接触効果に関連する記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました