身体化認知理論|五感に訴える「感覚マーケティング」に効果的

身体化認知理論とは

身体化認知理論とは、感覚や運動などの身体的活動が、知覚や記憶、思考などの認知的活動と密接に関係しているという考え方です。この考え方は、身体的活動が認知的活動を促進するという点で、認知心理学や脳科学の研究において注目されています。

例えば、ポテトチップスを噛み砕く音が大きければ鮮度やサクサク感といった知覚を高め、商品自体の満足度を高めることが研究でわかっています。
同様に、チョコレートでは、色の視覚的バラエティが増えると消費が加速されることも明らかになっています。

これらの研究から、身体的活動が認知的活動を促進することが示されており、身体化認知理論は、脳の発達や学習において重要な役割を果たすと考えられています。

上記では食材に対して、味覚以外の知覚(視覚や聴覚等)を刺激することで、満足度が促進するという例ですが、ビジネスにおいても5感となる知覚を用いた売上促進の方法は多く存在します。

履歴書に関しても、軽いクリップボードと重いクリップボードでは、同じ履歴書の内容だとしても、重いクリップボードのほうが評価が高く、
交渉のタイミングに関しても、硬い椅子に座っているクライアントより、柔らかい椅子(ソファ等)に座っているクライアントのほうが、交渉がスムーズに行く傾向が強くなります。

このように、自分が心地よいと思えるものや、バイアスのような思い込みが発生しやすい状況を感じ取らせることで、ビジネスシーンでも優位に立てる可能性があがるものが、身体化認知理論を活用したマーケティングと言えます。

身体化認知をマーケティングに活用するとどうなるのか?

身体化認知とは、感覚や運動などの身体的活動が、知覚や記憶、思考などの認知的活動と密接に関係しているという考え方です。身体化認知をマーケティングに活用することで、以下のような効果が期待できます。

記憶に残りやすい広告を制作できる

身体的活動を伴う広告を制作することで、記憶に残りやすい広告を作ることができます。例えば、サンプルを配るようなプロモーションや、体験型の広告などが挙げられます。

より効果的なプロモーションを行える

身体的活動を伴うプロモーションは、参加者が自分で体験して感じることで、より強い印象を残すことができます。また、身体的活動を通じて、新しい知識やスキルを身につけることもできるため、より効果的なプロモーションが行えるとされています。

ブランドに対する印象を改善できる

身体的活動を伴うプロモーションを通じて、ブランドに対する印象を改善することができます。例えば、体験型のイベントや、サンプルを配るようなプロモーションを行うことで、ブランドに対する印象を良くすることができます。

ただし、身体化認知をマーケティングに活用するには、参加者が本当に自分で体験し、感じることができるようなプロモーションを実施することが重要です。

身体化認知をマーケティングに活用するには

身体化認知をマーケティングに活用するには、以下のような方法があります。

体験型のプロモーションを行う

体験型のプロモーションでは、参加者が自分で体験し、感じることで、より強い印象を残すことができます。例えば、体験型のイベントや、体感型の広告などが挙げられます。

サンプルを配るプロモーションを行う

サンプルを配るプロモーションでは、参加者が自分で商品を試すことで、より強い印象を残すことができます。また、身体的活動を通じて、新しい知識やスキルを身につけることもできるため、より効果的なプロモーションが行えるとされています。

身体的活動を伴う広告を制作する

身体的活動を伴う広告を制作することで、記憶に残りやすい広告を作ることができます。例えば、サンプルを配るようなプロモーションや、体験型の広告などが挙げられます。

ただし、身体化認知をマーケティングに活用するには、参加者が本当に自分で体験し、感じることができるようなプロモーションを制作することが重要です。また、参加者が実際に身体的活動をしながらプロモーションに参加することができるよう、安全面や法的面なども慎重に考慮する必要があります。

五感に訴えるとは

「五感に訴える」とは、五感を使って、感覚的な刺激を与えることを意味します。五感とは、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚のことを指します。

五感に訴えることで、より強い印象を与えることができます。例えば、視覚や聴覚を使った広告や、嗅覚や味覚を使った食品のプロモーションなどが挙げられます。五感を使って、感覚的な刺激を与えることで、より記憶に残りやすい広告やプロモーションを制作することができます。

五感に訴えることで、より効果的なマーケティングが行えるとされています。また、五感を使って、自分で体験することで、より強い印象を残すことができるため、学習や教育においても活用されることがあります。五感に訴えることで、より効率的かつ記憶に残りやすい学習ができるとされています。

五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)の身体化認知とは

視覚の身体化認知

例えば、手を振ることで、視覚的な情報が脳に届けられることで、思考や注意力が促進されるという研究があります。また、物を見ることで、視覚的な情報が脳に届けられることで、記憶を促進することも知られています。このように、視覚的な情報を通じて、認知的活動を促進することを、視覚の身体化認知と呼びます。

聴覚の身体化認知

聴覚の身体化認知とは、聴覚的な情報を通じて、認知的活動を促進することを意味します。
例えば、音楽を聴くことで、聴覚的な情報が脳に届けられることで、思考や注意力が促進されるという研究があります。また、聞くことで、聴覚的な情報が脳に届けられることで、記憶を促進することも知られています。このように、聴覚的な情報を通じて、認知的活動を促進することを、聴覚の身体化認知と呼びます。

嗅覚の身体化認知

嗅覚の身体化認知とは、嗅覚的な情報を通じて、認知的活動を促進することを意味します。

例えば、香りを嗅ぐことで、嗅覚的な情報が脳に届けられることで、思考や注意力が促進されるという研究があります。また、嗅覚的な情報が脳に届けられることで、記憶を促進することも知られています。このように、嗅覚的な情報を通じて、認知的活動を促進することを、嗅覚の身体化認知と呼びます。

味覚の身体化認知

味覚の身体化認知とは、味覚的な情報を通じて、認知的活動を促進することを意味します。

例えば、食べることで、味覚的な情報が脳に届けられることで、思考や注意力が促進されるという研究があります。また、味覚的な情報が脳に届けられることで、記憶を促進することも知られています。このように、味覚的な情報を通じて、認知的活動を促進することを、味覚の身体化認知と呼びます。
味覚の身体化認知は、脳の発達や学習において重要な役割を果たすと考えられています。また、味覚的な情報を通じて、新しい知識やスキルを身につけることもできるため、学習や教育においても活用されることがあります。味覚の身体化認知を利用することで、より効率的かつ記憶に残りやすい学習ができるとされています。

触覚(皮膚感覚)の身体化認知

皮膚感覚とは、触覚や温度感覚、痛み感覚などを指します。皮膚感覚の身体化認知とは、皮膚感覚を通じて、認知的活動を促進することを意味します。

例えば、手を握ることで、皮膚感覚を刺激することで、思考や注意力が促進されるという研究があります。また、手を握ることで、触覚的な情報が脳に届けられることで、記憶を促進することも知られています。このように、皮膚感覚を通じて、認知的活動を促進することを、皮膚感覚の身体化認知と呼びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました