確証バイアス

影響力の武器

【29】さりげなく能力を際立たせる・ティーアップする方法|影響力の武器(実践編)

あなたが普通の人なら、自分の知識に自信があるときは、皆にその事を言いたくなると思います。 けれども、例えあなたがその道の専門家だったとしても、次のようなジレンマを乗り越えなければなりません。 ・他の人に専門知識を披露して認めさせようとすると...
一貫性の法則

【28】オークションの最初の価格は低いほうが良いのか?高いほうが良いのか?|影響力の武器(実践編)

行動科学者のジリアン・クーらの研究によると、買い手は開始価格が高い方が、低い場合よりも品物の価値が上だと考えがちです。 しかし、売り出し時点で価値のある品物だと見なされたからといって、最終的な落札価格が実際に高額になるかと言うと大いに疑問で...
心理学

確証バイアスの論文「確証バイアスとウェブ検索行動の関係分析」を読んで

情報リテラシと、確証バイアスがの関係性から、人が情報をどれだけ信じやすいかを行った実験結果を元に書かれた論文を見つけたため、 マーケティングに応用できそうだったので、内容をまとめてみました。 確証バイアスの実験の仮説 ...
心理学

基準比率の無視(確証バイアス)

例) リピートして頂いているお客様の満足度はなんと97%! 本当に嬉しい限りですが、中には肌に合わない方もいらっしゃいます。 肌に合わない方は、全体の約1%未満ですが、 当店では、万が一のために、満足返金保証を行っています! 一人でも多くの...
心理学

確証バイアスの罠

私達は、自分の考えと一致する内容・情報に出会うと、通常はそれを批判することなく、喜んで受けて入れてしまう 例)2-4-6が、どんな規則で並んでいると思うか? 答えは、単純に、左の数値よりも大きいだけというのが本当のルール →間違った見方...
心理学

サンプルサイズの無視(確証バイアス)

サンプルサイズが重要であることは、統計学の基本ではあるが、 人々の直感の中には、「サンプルサイズ」という概念がなくなる傾向強い。 理由は、 基本人間は、代表的ヒューリスティックを用いるため。 =======================...
心理学

確証バイアスとは?原理と実用例

私たちの考え方は、今までに経験したことや知識などによって多かれ少なかれ、考え方や価値観に自分の見解としてのバイアスがかかります。 わかりやすいところで言うと、早稲田大学卒業と言われると、「お、頭良さそう」と瞬時に思ってし...
心理学

焦点錯覚(焦点化・焦点化の錯覚)

あるものごとに対して考えているときは、 それ以外のことを無視して、幸福とか不幸とか考える 例えば、恋愛がうまく行かず、落ち込んでいたとしましょう。 恋人とは幸せですか?という質問では、たぶん不幸だという返答が帰ってくると思います。 でも...
心理学

後知恵バイアスと、知識の呪い

後知恵バイアスは自分や過去の自分が誰かの過去の意思決定を振り返ったときにしばしば起こる現象 過去の意思決定に関してその結果が出る前に当時の不確かな状況が自分にどう見えたかを正確に思い出したり再構築したいすることに私たちは苦手な部分がある ...
心理学

シャルパンティエ効果

①シャルパンティエ効果とは シャルパンティエ効果とは、身近なものやイメージしやすいものに例えられると、そのイメージによる錯覚を招く心理効果のことをいいます。 シャルパンティエ効果は、1891年にフランスの医師・オーグスチン・シャルパンティ...
タイトルとURLをコピーしました