影響力の武器

影響力の武器

【31】機長症候群の教訓|影響力の武器(実践編)

1982年にフロリダ空港690便がワシントン DC 近郊で氷の張ったポトマック川に墜落するという事故がありました。 この事故では悲しいことに76名の乗客が亡くなっています。 この悲惨な事故の原因は、ベテラン機長に副操縦士が盲従してしまった...
一貫性の法則

【30】優れたリーダーの力を最大限発揮させるには|影響力の武器(実践編)

DNA の二重らせん構造の発見者、ジェームズワトソンがインタビューで述べたところでは、 『当時この問題に取り組んでいた科学者で最も優勝だったのは取ってパリ在住のイギリス人、ロザリンド・フランクリンだった。ロザリンドはあまりに優秀だったので、...
影響力の武器

【29】さりげなく能力を際立たせる・ティーアップする方法|影響力の武器(実践編)

あなたが普通の人なら、自分の知識に自信があるときは、皆にその事を言いたくなると思います。 けれども、例えあなたがその道の専門家だったとしても、次のようなジレンマを乗り越えなければなりません。 ・他の人に専門知識を披露して認めさせようとすると...
一貫性の法則

【28】オークションの最初の価格は低いほうが良いのか?高いほうが良いのか?|影響力の武器(実践編)

行動科学者のジリアン・クーらの研究によると、買い手は開始価格が高い方が、低い場合よりも品物の価値が上だと考えがちです。 しかし、売り出し時点で価値のある品物だと見なされたからといって、最終的な落札価格が実際に高額になるかと言うと大いに疑問で...
一貫性の法則

【27】小さなお願いが引き出す大きな成果|影響力の武器(実践編)

本書では、効果的かつ倫理的に相手に YES と言わせる方法に焦点を当てて解説してきました。 しかし、ある特定の状況では、慈善活動のような妥当なお願いであってもNOと言われる場合があります。 私たちの研究チームは、その理由を探ることにしました...
一貫性の法則

【26】朝の通勤中にお喋りをする効能|影響力の武器(実践編)

朝の通勤中に、他の大多数の人間と同じく移動中の人付き合い(知らない人との会話など)を避ける傾向がある人であれば、しておいた方がいいかもしれない話が紹介されています。 他の人たちと接触を持つことの、注目すべき長所をはっきり示す実験結果がこち...
一貫性の法則

【25】フランクリンから学ぶ説得のコツ|影響力の武器(実践編)

1706年生まれのベンジャミンフランクリンは作家、政治家、外交官、科学者、出版者、哲学者、発明家として一流だったことで有名です。 そんな彼ですが、驚くべきことは、相手に迷惑をかけることで自分の敵から尊敬を勝ち取る方法を発見したということです...
一貫性の法則

【24】一貫性をもって一貫性を制す|影響力の武器(実践編)

本書では、人は、加齢とともに感染に対するこだわりが強くなっていくことが明らかになっている、と書かれています。 なぜそうなるかと言うと、これは、一貫性の欠如は気持ちを動揺させるものであり、高齢者は動揺を引き起こすような出来事を避けようとする傾...
影響力の武器

【23】複数の目標を達成する鍵とは|影響力の武器(実践編)

私たちが、日々仕事をする中で、単一の目標のみを追いかけることは非常に稀で、 基本的には日常的に、複数の目標を達成しなければいけない状況が続くのが一般的だと言えます。 複数の目標を達成するために必要なポイントはなにか、を本記事ではご紹介して...
一貫性の法則

【22】人を目標に結びつける積極的コミットメント(コミットメントの威力)|影響力の武器(実践編)

アムウェイはアメリカで最高収益を誇る直販企業の一つですが、販売スタッフの成績を上げるための仕組みもしっかりと備わっていると、本書で書かれています。 その一つとして、販売スタッフへのアドバイスを、次のようなアドバイスをしています。 ====...
タイトルとURLをコピーしました