心理学

心理学

サンプルサイズの無視(確証バイアス)

サンプルサイズが重要であることは、統計学の基本ではあるが、 人々の直感の中には、「サンプルサイズ」という概念がなくなる傾向強い。 理由は、 基本人間は、代表的ヒューリスティックを用いるため。 =======================...
心理学

確証バイアスとは?原理と実用例

私たちの考え方は、今までに経験したことや知識などによって多かれ少なかれ、考え方や価値観に自分の見解としてのバイアスがかかります。 わかりやすいところで言うと、早稲田大学卒業と言われると、「お、頭良さそう」と瞬時に思ってし...
心理学

非注意性盲目

ある実験で若者が二つのチームに分かれた外に入り混じったバスケットボールのパス待ちをしている様子を映してビデオ参加者に見せた 片方のチームは白いシャツを着ておいもう片方のチームは暗い色のシャツを着ていた 参加者は片方のチームは回したパスを数を...
心理学

変化盲

ヘイカモン実験ではバスケットボールを持った実験者が 空港に及び止めて道を尋ねる 通行人が道を教えている間に、実験者と通行人の間を集団が通り過ぎるその時集団の一人が実験者からこっそりとバスケットボール受け取って持ちさってしまう 通行人が道をし...
心理学

焦点錯覚(焦点化・焦点化の錯覚)

あるものごとに対して考えているときは、 それ以外のことを無視して、幸福とか不幸とか考える 例えば、恋愛がうまく行かず、落ち込んでいたとしましょう。 恋人とは幸せですか?という質問では、たぶん不幸だという返答が帰ってくると思います。 でも...
心理学

後知恵バイアスと、知識の呪い

後知恵バイアスは自分や過去の自分が誰かの過去の意思決定を振り返ったときにしばしば起こる現象 過去の意思決定に関してその結果が出る前に当時の不確かな状況が自分にどう見えたかを正確に思い出したり再構築したいすることに私たちは苦手な部分がある ...
心理学

中断効果・パターンの中断

★パターンの中断 途中で、予想外のことが起こると、パターンを中断してしまうという脳の特性を利用します。 つまり、あなたが、もしくは周りの人が、悪い「パターン」に入ろうとした「パターン中断」を意図的に、 効果的に起こせれば良いということです。...
心理学

シャルパンティエ効果

①シャルパンティエ効果とは シャルパンティエ効果とは、身近なものやイメージしやすいものに例えられると、そのイメージによる錯覚を招く心理効果のことをいいます。 シャルパンティエ効果は、1891年にフランスの医師・オーグスチン・シャルパンティ...
心理学

知覚コントラスト(知覚のコントラスト・コントラストの原理)

コントラストの原理(知覚のコントラスト)は、人間の脳の性質を利用した原理。 『人間の脳は、客観的ではなく、相対的に反応する』 仕組みになっています。 「コントラストの原理(知覚のコントラスト)」とは、 2番目(2番目以降)に提示されるもの...
心理学

条件づけ【心理学】

一般に、新しい反応を形成する訓練過程をいう。 その反応のタイプによって次の2つに大別される。 ①誘発刺激によって“必ず”誘発される反応で、Pavlov のいう無条件反応にあたるもの。 ②反応の自発に後続して生じる環境事象の変化(強化刺激ま...
タイトルとURLをコピーしました