心理学

単純接触効果(ザイオンス効果)

単純接触効果(ザイオンス効果)の解説と実用例

単純接触効果とは ある特定の対象に対して、接触回数が多ければ多いほど、”親しみ”を感じ、その対象に対して、好意的な印象が形成される心理学の現象のこと。 1968年にアメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが行った研究がよく知られており、...
心理学

確証バイアスの論文「確証バイアスとウェブ検索行動の関係分析」を読んで

情報リテラシと、確証バイアスがの関係性から、人が情報をどれだけ信じやすいかを行った実験結果を元に書かれた論文を見つけたため、 マーケティングに応用できそうだったので、内容をまとめてみました。 確証バイアスの実験の仮説 ...
単純接触効果(ザイオンス効果)

単純接触効果と広告の関係性

単純接触効果は、何度も目にしたり、音を聞いたり、何度も触れたりすることで、 好意が無意識的に発生していくゆう心理作用。 マーケティングをやられている方なら、だれしもが、この単純接触効果を活用しようと思ったり、マ...
単純接触効果(ザイオンス効果)

マイナスにも働く単純接触効果

単純接触効果はポジティブな印象が強いイメージですが、原理を理解できると、ネガティブすなわち、マイナスの効果になることも多々あります。 この記事では、単純接触効果がマイナスな影響を与える時がどんなときか、そして、どう対応す...
一貫性の法則

一貫性の法則

一貫性の法則とは 自らの行動や発言、態度、信念などに対して一貫したものとしたいという心理のことを表すのが「一貫性の法則」。 例えば、ラーメンを食べ行って、美味しくなかったとしても「せっかく食べに来たんだから、す...
心理学

情報の順番だけで、めっちゃいいものに見せる工夫

================================ 近接効果 ================================ ★どれが一番印象的か ①彼は嘘つきだが、いい人だ ②彼はいい人だが、嘘つきだ ★どれが一番印象的...
心理学

返報性の原理(法則)

返報性の原理(法則)とは 返報性の原理とは、人からなにかをもらったときや、してもらったことに対して、「お返しをしたくなる」心理作用のことを指します。 スーパーの試食や、マクドナルドのコーヒー無料なども、返報性の...
心理学

基準比率の無視(確証バイアス)

例) リピートして頂いているお客様の満足度はなんと97%! 本当に嬉しい限りですが、中には肌に合わない方もいらっしゃいます。 肌に合わない方は、全体の約1%未満ですが、 当店では、万が一のために、満足返金保証を行っています! 一人でも多くの...
心理学

確証バイアスの罠

私達は、自分の考えと一致する内容・情報に出会うと、通常はそれを批判することなく、喜んで受けて入れてしまう 例)2-4-6が、どんな規則で並んでいると思うか? 答えは、単純に、左の数値よりも大きいだけというのが本当のルール →間違った見方...
心理学

無意識での選択が一番よくなるパターン

【気づき】 情報が多すぎたり、難しい情報が多い場合は 無意識に、いい情報だけをピックアップする可能性がある。 IPLも同じこと言えるかも 欲しいなあと思って 他の商品と比較したときに わかりやすく『こっちのほうがいいじゃん』って思えるもの...
タイトルとURLをコピーしました