心理学

心理学

身体化認知理論|五感に訴える「感覚マーケティング」に効果的

身体化認知理論とは 身体化認知理論とは、感覚や運動などの身体的活動が、知覚や記憶、思考などの認知的活動と密接に関係しているという考え方です。この考え方は、身体的活動が認知的活動を促進するという点で、認知心理学や脳科学の研究において注目され...
一貫性の法則

一貫性の法則を活用した「イエスセット話法」とは

一貫性の法則を活用した「イエスセット話法」とは イエスセットの話法とは、複数の質問に対する回答を、「Yes」になるように設計してコミュニケーションする方法を指します。 これらの質問に対する回答を、イエスセットの話法で表現すると、次の...
一貫性の法則

【28】オークションの最初の価格は低いほうが良いのか?高いほうが良いのか?|影響力の武器(実践編)

行動科学者のジリアン・クーらの研究によると、買い手は開始価格が高い方が、低い場合よりも品物の価値が上だと考えがちです。 しかし、売り出し時点で価値のある品物だと見なされたからといって、最終的な落札価格が実際に高額になるかと言うと大いに疑問で...
一貫性の法則

【27】小さなお願いが引き出す大きな成果|影響力の武器(実践編)

本書では、効果的かつ倫理的に相手に YES と言わせる方法に焦点を当てて解説してきました。 しかし、ある特定の状況では、慈善活動のような妥当なお願いであってもNOと言われる場合があります。 私たちの研究チームは、その理由を探ることにしました...
一貫性の法則

【26】朝の通勤中にお喋りをする効能|影響力の武器(実践編)

朝の通勤中に、他の大多数の人間と同じく移動中の人付き合い(知らない人との会話など)を避ける傾向がある人であれば、しておいた方がいいかもしれない話が紹介されています。 他の人たちと接触を持つことの、注目すべき長所をはっきり示す実験結果がこち...
一貫性の法則

【24】一貫性をもって一貫性を制す|影響力の武器(実践編)

本書では、人は、加齢とともに感染に対するこだわりが強くなっていくことが明らかになっている、と書かれています。 なぜそうなるかと言うと、これは、一貫性の欠如は気持ちを動揺させるものであり、高齢者は動揺を引き起こすような出来事を避けようとする傾...
一貫性の法則

【22】人を目標に結びつける積極的コミットメント(コミットメントの威力)|影響力の武器(実践編)

アムウェイはアメリカで最高収益を誇る直販企業の一つですが、販売スタッフの成績を上げるための仕組みもしっかりと備わっていると、本書で書かれています。 その一つとして、販売スタッフへのアドバイスを、次のようなアドバイスをしています。 ====...
心理学

人によって、理解度が違う理由

私は、様々なクライアントや、マーケッターに対してコンサルや講義をしていて、常に気をつけることは、どんなレベルの人にでもわかりやすい言葉で、理解してもらえるように話すことに気をつけています。 コンサルをやり始めて、「相手が動かないなら、伝わっ...
心理学

認知バイアス・確証バイアス・ヒューリスティックの違いと関係性

心理学を学んでいくと、必ず目にする言葉に、バイアスという言葉があり、バイアスを勉強していくと、ヒューリスティックという言葉にぶち当たった経験を持つ方も多いのではないでしょうか。 この記事では、認知バイアスと、確証バイアスの違い、ヒューリステ...
心理学

スノッブ効果とは(限定感・特別感を与える心理効果)

スノッブ効果とは、「他人とは違うものが欲しい」という心理から、簡単に入手できないものほど需要が増え、誰もが簡単に入手できるものであれば需要が減少するという心理作用です。 他者とは違くありたいと思う願望が背景にあり、限定性・希少性があるものに...
タイトルとURLをコピーしました